【最新ケンコー情報】2017.03.04: ケンコー大百科「宇野昌磨選手・愛用のネックレスに隠された秘密!」をアップしました!

*** サイト内検索 ***

オンラインショップでお買い物!

ケンコージャパンポータル

天然の日焼け止め、ビタミンA!

夏はこんがり日焼けの季節です。紫外線による肌へのダメージは、皮膚の奥に蓄積され、いつかはシミとして現れることになります。それは避けたいところ。
そこで日焼け止めを塗るのもよいのですが、塗らない日焼け止めもあります。それは、天然の日焼け止め、ビタミンAです。
今回は、夏のお肌の救世主、ビタミンAについて紹介したいと思います。

矢印ビタミンAの効能

 
ビタミンAの効能

ビタミンAを摂取することが、どうして日焼け対策になるのでしょうか。
実はビタミンAには、皮膚や粘膜の健康を維持し、お肌を守る役割があるのです。具体的には、日焼けやシミ、さらには皮膚がんの原因ともなる「UV-B波」をカットする効果。紫外線でダメージを受けたお肌の細胞を、元通り修復する効果。お肌のターンオーバー(代謝回転)のサイクルを正常にして、保湿力をアップする効果。皮膚の内部にビタミンAがたくさん吸収されていると、日焼けをしにくく、健康なお肌でいることができます。また皮膚だけでなく、体全体の健康維持に貢献します。
まさに、ビタミンAは、夏の紫外線からお肌を守ってくれる、天然の日焼け止めなんですね!

それでは、ビタミンAが多く含まれている代表的な食材には、どんなものがあるのでしょうか?
特に豊富なのが、年中スーパーの野菜コーナーで売られている、ニンジン、そしてほうれん草です。安く、使いやすい食材です。
でも、これらの食材からビタミンAを有効に摂取するためには、ちょっとした工夫が必要なんです。

矢印ビタミンAの上手な摂取法

 
ビタミンAの上手な摂取法

このように、天然の日焼け止めであるニンジン・ほうれん草ですが、これらに含まれるビタミンAは脂溶性ビタミンの一種で、油に溶けるという性質を有しています。そこで、体内で吸収するためには、油と一緒に摂取することが必要です。
これは決して難しくはありません。サラダ油やごま油で野菜炒めにしたり、サラダにしてオリーブオイルをかけてみたり。他の油分の多いおかずと一緒に摂るという手もあります。

【簡単すぎる! 天然日焼け止めの最強レシピ】
ニンジンとほうれん草のゴマみそあえ

1. ほうれん草(1束)を、塩ゆでして、軽く水気をしぼっておく。
2. ニンジン(1/3本)は、ほうれん草とあえやすいように、細切りにして、柔らかすぎない程度にゆで、水気をしぼる。
3. ほうれん草とニンジンを混ぜ合わせ、すりごま(大2)・みそ(大1/2)・ごま油(大1)・醤油(お好みで少々)をあえて、出来上がり!

真夏はなるべく天然の日焼け止め「ビタミンA」を積極的に摂取して、焼かない美肌をめざしましょう。

Yahoo!ショッピング・ケンコージャパンへ
TOP